オタマジャクシのトランスフォーメーション

水中に住むオタマジャクシは雑食で植物などを食べるために歯があります。でも、カエルになるときにおちょぼ口が裂けて大口になり、それまで重要な武器であった歯が抜け落ちます。

カエルになると陸上で素早く動く昆虫を食べます。昆虫より早く動く俊敏性と、昆虫を巻き取って食べる舌が重要な武器になります。食事は丸呑み方式になるので水中で重宝した歯はもはや重要ではありません。

環境が変われば、新しい武器が必要で、新しい武器を入手するためには、今ま最大の武器だったものも捨てなければならいのです。

Mitsuhiro Arase